FC2ブログ
          








当ブログの道しるべ。初めての方はまずこちらを。(Guide for visitors)

<このブログについては>
「このブログについて(about this blog)」をご覧ください。

<ポケモンカードneoのプロモーションカードについて知りたい方は>
プロモーションカードneoリスト(Promo List Pokemon card neo)をご覧ください。

<第一弾の初版について知りたい方は>
第一弾の初版について(about base set 1st edition)をご覧ください。

<ポケモンイラストレーターについて知りたい方は>
ポケモンイラストレーターについて(about Pokemon Illustrator)をご覧ください。

<これから旧裏面(旧裏)のレアカードを集めようという方は>

レアカードについて書いた過去記事群をご覧ください。


この記事の下に最新記事があります。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2022/08/19 17:24 ] このブログについて | TB(0) | CM(0)

カードの発行枚数を推測しよう!

基本的にトレーディングカードのプロモ以外のカードは、発行された枚数が不明です。
プロモーションカードは発行枚数が明記されていることがあります。

例えば、タマムシコイキングは、1000名へプレゼントという企画なので、発行枚数が1000枚とわかります。

公式が枚数をアナウンスしているものは相当限られます。
その中でも具体的な数字が明記されているのが「通信進化キャンペーン」シリーズです。
『トレーナーズVol.2』の17ページによると

フーディン 39000枚
ゲンガー 36000枚
カイリキー 29000枚
ゴローニャ 22000枚
オムスター 21000枚

と記載されています。

今回するために使用するデータは

PSAの鑑定済みカードの枚数です。

通信進化キャンペーンで鑑定済みなのは
通信進化

だとわかります。
ポケモンそのものの人気のせいか、ゲンガーの方がフーディンよりも鑑定枚数が多いですが、この際目をつぶります。

フーディン 39000枚 → 鑑定済み166枚  鑑定済みの割合0.42%
ゲンガー 36000枚  → 鑑定済み173枚  鑑定済みの割合0.48% 
カイリキー 29000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.45%
ゴローニャ 22000枚 → 鑑定済み116枚  鑑定済みの割合0.52%
オムスター 21000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.61%

という割合が求められました。

平均値は0.496%

通信進化キャンペーンを参考にすると、全てのカードの内、0.496%が鑑定済みと予想されます。
ちなみに、この数字は鑑定する人が増えれば触れるほどかわってきますので、かなりの振れ幅があるとご理解ください。
また、人気のカードや、枚数がかなり少ないカードにもあまり効果はないと思われます。



ここで、ネオ4のひかるポケモンに限定して話を進めます。

仮定として
全てのひかるポケモンの発行枚数は同じとします。

次に、PSAで鑑定済みのひかるポケモンの鑑定済みの平均値は

101.25枚です。

1枚あたり平均して101.25枚鑑定されているとします。

ここに先ほどの0.496を当てはめてみると

20413

という数字が導き出されます!

ここでの結論として

ひかるポケモンは20000枚程度発行されたのではないか?

と私は予測します!!



この例を試しにネオ1のルギアで試してみたところ

81000枚という結果になったんですがどうでしょう。
妥当性はありますかな。。。

少ないでしょうか。。。

やはり話半分で聞いてください。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/10/13 22:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ありがたいトレード

こちらでの紹介がおくれました。
私、9月からTwitterのアカウント取得しまして、活動しております。良ければフォローしてください。
こちらです。

そのTwitter上でトレードが成立し、貴重なカードが私のもとにやってきました。

DSC04182.jpg

ピッピさんとのトレードです。

一度に5枚トレードで手に入るのはかなりの大物案件。

オムスター、ゴローニャと枚数自体が他の3種類より少ないカードも複数枚手に入り、ありがたい限りです。

最近はカードを見せることにもこだわっています。
カードを撮影するのに使用してるのはウルトラプロ社のカードスタンドです。
紹介だけしておきました。
アマゾンにはなく、ヤフーショッピングと楽天市場に在庫を確認しております。




<これでオムスターは21枚に!>

cameringo_20181005_214329.jpg

結構集まりました。
オムスターは当時一番人気がなく、交換枚数が約21,000枚でした。
今回の2枚が加わり、全体の1000分の1のカードを収集することに成功!

ほら、タマムシコイキングも発行枚数は1000枚ですから、タマコイ(タマムシコイキングの略)を1枚持つのと
同じような価値を見いだせますよ笑 このエントリーをはてなブックマークに追加

マサキプロモコレクターの道を突き進むのみ!

今回集めたカードです。

通信進化キャンペーン

せっかく購入したので、「カードセーバー」に入れています。
これ、実際にカードを触りながらコレクションするなら結構いいです。

リフィルに9枚いれてそれを眺めるのも素敵です。
ただ、これだと、カードを見る際に出し入れの手間があります。

気軽に眺めるならこのカードセーバーもありです。

ホールド力があり、素材もしっかりしているので、スリーブに触らずカードを鑑賞できます。

これのいいところは「裏面」も鑑賞できるところ。

オムスター

日本のコレクターの場合、裏面へのこだわりは表面に比べて薄いですよね。
しかし、カードをしっかりコレクションしたい方にとっては裏面も大切な要素。

これだとしっかり裏面も見えます。
もちろん、透明なスリーブで入れることが前提ですが。

と言いますか、このカードセーバー、透明でないスリーブを入れると、その微妙な厚みで入れにくいです。
透明なものだと意外とすんなり入ります。


今回のちょっとかわったアイテムはこの3枚

ゲンガー、ゴローニャ、フーディン


海外勢とのトレードでゲットできました。
アルゼンチンの方で、大体10日で手元に届きました。

こちらからのカードは9日で届いたようです。

海外勢所持のカードだけに、状態はかなりいいです。
特にゲンガーは台紙あとがついていますが、それ以外は非常によい!

ありがとうございました!
このカードは次回のグレーティングに出すことにしました。 このエントリーをはてなブックマークに追加

シングル1枚1枚にまで価値付けされてるんですな~

海外のカード雑誌の一部を見る機会がありました。2018年の9月号です。
向こうは、昔のキラカード1枚1枚にしっかり価値付けされてるんですな~
ドル表記のようです。

ロケット団&ネオ1
拡張第4弾「ロケット団」とネオ1(海外版です)

ルギアやわるいリザードンが人気ですね。
バクフーンの2500ドルは正直よくわかりません。



ジム1&2

ジム1弾と2弾(あくまで海外版ですよ)

1番人気はカツラのリザードン
2位がR団のミュウツー
3位がエリカのハクリュー

のようです。
リザードンはシリーズ問わず人気ですね。


日本だと大体キラカードは1枚○○円といったくくりで、1枚1枚の価値はそこまで共有されていません。
10年以上前のカードでも、しっかりと雑誌に掲載されて、価値がわかるようになっているんですな~。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/09/27 22:30 ] その他 | TB(0) | CM(0)





ブログパーツ