スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベンチへの蓄積ダメージはどうだろう【オフ会記事】

こんにちは!

今日は複数更新!

空いている時間に手数で勝負!!


この記事はオフ会についての記事です。

第一弾とネオ1カードをふさがれたら、意外と回復手段がないんじゃないの?

なんて考えていたここ最近。


そうしたら白音紅さんが関連記事をあげてくれました。

一読すべき
第7回旧裏オフ考察!【ドローソースと回復カード】
の記事はこちらから。


回復手段が少ない。

ポケモンセンターを絡めたコンボが使えない。

って事はベンチばらまきが地味に効いてくるんじゃないの??

なんて気が。

「ポケモン回収」も使えないですからね。

一度に大量に回復する手段が限られるような。

技でばらまくなら…

おもに系統でいうと

・ふぶき系
・じばく系



ともにエネルギーを沢山使用するので速攻が主流の旧裏面環境では難しい。

フリーザーなどは「カメックス」【あまごい】と組ませるのがベストなのですが、カメックスは今回は使えません。

しばく系は、「ディフェンダー」が使用できないので、今回は採用しないでしょう。

速攻がかけにくい今回の環境ならエネルギーをじっくりつける時間ができるのかも。

ふぶき系の採用はありですね。
が、「気合いのはちまき」が使えないので、ワンパンされて連発できないと、費用対効果は薄くなるかも・・・・


さぁ、フリーザーに再び光が……

01f6ce2b15e6cbb3013a37e594d86021e598ee2af4_00001.jpg
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/29 21:00 ] テーマ別考察 | TB(0) | CM(1)

特集  マーク無しでデッキを組むならこいつを使え!

【特集】
 
マーク無しでデッキを組むならこいつを使え!!


--------------------------------------------------------------------------------------
注意!
話半分でお読みください!!

--------------------------------------------------------------------------------------

あ、最初に言っておきますが、オフ会用ネタ記事ですよ。



オークションでよく見る「マーク無し」でデッキを組みたい!

しかし!今回のオフ会では第一弾は使えない!!



ただしこの「マーク無し」なら組めるはず。
(※マーク無しといっても、エキスパンションマークは入っているんですが)

そう。
ジムリーダーシリーズ。


その中でも拡張パックではなく、構築済みデッキのもの。

レアリティマークがないので、オークションでは一時期初版と勘違いされている出品者がいましたね。
最近では減ってきましたが。



構築済みデッキのジムリーダーシリーズ。


普段は、あんまり使われていないけど、今回のオフ会のルールなら日の目を見るカードもあるはず。


たとえばこいつとか。


IMG_0530.jpg

エリカのウツボット

「突風」が使えない今回は言い働きをすると思いますぜ。

草3つで50は及第点じゃないですか?
ダメージのみなので計算しやすいと思いますよ。





進化前の「エリカのウツドン」だってかなりの性能です。

「ねむり+どく」なんて、「ポケモンいれかえ」がない今回は面倒だと思いますよ。
「ワープゾーン」使われたらおしまいですが・・・




しかもほら、公式でもこのカードは使える!ってみたいなことを言ってます!!


IMG_0529.jpg

この優遇ぶり!


なぜこの優遇をジャングルシリーズの鬱ボットに分けてやらなかったのか。

IMG_0531.jpg
※鬱ボットの図



はっ、そうかこれは贖罪なのか。
あまりにも弱くつくりすぎしまったことへの。


1パック300円なんて、資金がない小学生には一度に沢山買えない代物。

「ストライク」「プクリン」が欲しいな。

そんな小学生の淡い期待を打ち砕くキラ枠の鬱ボット。


そんなの鬱と怨嗟の声を一身にうけたメディアファクトリーの贖罪なのだ。


ちなみに私も一番最初に「ジャングル」を試しに2パック買ったときのキラ枠は・・・



今でも覚えています。カビゴンと鬱ボットでした。



カビゴンは逃げるコストで。鬱ボットはどう考えても2進化の性能ではないので使用を断念。

さぁ、幼少期にそんな思いをしたことがあるみなさん。


その思いを「エリカのウツドン・ウツボット」を使って昇華させようではありませんか!!


今ここにウツボットの時代来たる!!!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/06/04 19:42 ] テーマ別考察 | TB(0) | CM(2)

オーキドとパソコン通信が使えないだ??【オフ会用記事】

こんにちは。


久しぶりにゆっくりとパソコンに触れる時間ができました。

業務では毎日触っているんですけどね。

ちょっと更新に間が・・・・
こまめに更新したいです。



さてさて、暇なときは旧裏オフ-neo-のことを考えたりしています。


今回はデッキの主力を担っている第一弾やネオ第一弾のカードが使えないルール。


そうなってくると、「オーキド博士」や「パソコン通信」など有用アイテムが使用できない!

色々と新たな境地を開拓しなければならないルールです。



オーキドやパソ通が使えなくても安心!!



色々とドローソースや代用品を探している方も多いと思いますが、色々と便利なカードがありますよ。



オーキドとパソ通がなくてもこのカードがあるじゃないですか!

IMG_0509.jpg


コイントスで表を出す前提ですが。


「ギャンブラー」は表さえ出せばオーキド博士以上の効果が。
・・・・裏を出したらほぼ敗北一直線なんですけどね。



「ロケット団の実験」は最終兵器として一枚忍ばせておけばまぁ使えるかも…


なんて、普通の話を進めていても仕方がない!
表を出せばいいんですから!


ここでこのカードを使いこなせるのか、自分のコイントス運を測定することに。




ルールは簡単。

100回コイントスをして、いかに自分が表を出せるか実証してみる。





今回使用する私の運命を預けるコインはこちら

ルギアコイン

ルギアコイン


頼むぞルギア!


記念すべき1回目は


1回目


表!!




まずは50回を目指す。



途中8連続「表」なんてこともあり、ひとり寂しくもテンションが上がる!




50回目


50回目


裏…


現在

28/50


表の確立56%

とても普通。
ここからの巻き返しに期待!!


100回目指してひたすら突き進む。







記念すべき100回目


100回目


裏…

節目は裏ばかりだよ。


最終結果



100回中表の回数


54回。


その確率

54%


うん。数学の問題らしく、回数を重ねるほど1/2に近づきましたね。


私の運は人並み。


「ギャンブラー」の採用は見送りです。


ごめんよギャンブラー。


君を実践で使う日があると期待したんだが・・・・・・




「ロケット団の実験」はもう少し悩んでみたいと思います!


みなさん、今回のオフ会で、トレーナーカードに表ばかり期待する構成は危険ですよ!

といっても私は「マサキの転送装置」を4枚積みの予定です。
最悪「エリカ」でなんとかなるだろう(ぼそ このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/05/27 19:43 ] テーマ別考察 | TB(0) | CM(4)

4種類の古代ミュウ

色々と違うバージョンでコレクター心をくすぐる古代ミュウ。


まずは画像

Evernote Camera Roll 20140420 133139


左がエラー版の古代ミュウ。
右が英語版(北米版)古代ミュウ。


古代ミュウと言えば

1 エラー版(Nintedo版)
2 修正版(Nintendo版)
3 英語版(北欧版)

がとても有名。


見分けるポイントとして

① クレジット表記

② ホログラフィックの仕様



の2つ。


まずはカード下のクレジットの表記

1 エラー版

 © 1995, 1996, 1998 Nintedo/Creatures inc./GAMEFREAK inc.

2 修正版

 © 1995, 1996, 1998 Nintendo/Creatures inc./GAMEFREAK inc.

3 英語版


 © 1995, 96, 98, 99 Nintendo, Creatures, GAMEFREAK. © 1999-2000 Wizards.




となっています。



次にホログラフィック仕様


1と2のエラー版と修正版は同じ仕様。

IMG_0001_20130116172815.jpg

細かい粒子状のものが見られます。

3の英語版だけ異なります。


IMG_0002_20130116172819.jpg


粒子が1と2にくらべて大きくなっています。





っと、私はこれで全てだとおもっていたんですが・・・





海外サイトをあさっていると・・・




古代mew2



日本版のクレジット表記を持ちながらホログラフィック仕様が海外版。

 © 1995, 1996, 1998 Nintendo/Creatures inc./GAMEFREAK inc.


の表記です。

海外では古代ミュウ2と呼ばれています。


参考にした海外記事はこちらです。(別窓で開きます。)



さらに、


価値で言いますと

修正版>エラー版>古代ミュウ2

なそうな。


しかし、私一度も見たことがないんです。これ。


しかもどういう状況で発行されたカードなのかよくわかりませんでした。



詳細をご存じの方、もしくはこれに関する記事を知っているという方、
ちょっと無知な私にご教授ください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/20 14:14 ] テーマ別考察 | TB(0) | CM(6)

ダブルスリーブ用スリーブを徹底考察!【こだわる人向け】

最近ダブルスリーブ(二重スリーブ)にこだわっている管理人がおくる、こだわる人向けの企画!!



題して


ダブルスリーブ用スリーブ徹底考察!!



ええ。貴重なカードを入手しても、管理中やスリーブかける際に結構ダメージを与えていました。



そんな経験皆さんもありませんか?


1枚100円程度のカードなら笑って流せます。

それが、1000円、5000円と価値のあるカードだったら……


落ち込みますよね!



なので最近はまずインナースリーブをかけるようにしています。
(※呼び方は色々あります。ジャイストサイズ、ジャストサイズ、インナーガード等々)




最近管理人が試してみた3種類を比較考察してみたいと思います!!!




今回考察するのはこの3つ




IMG_0461.jpg

左から
■ アンサー株式会社 「トレカプロテクト ジャストタイプ クリア100枚入」
■ 株式会社アクラス 「トレカスリーブ ジャストサイズ クリア 100枚入」
■ 株式会社やのまん 「カードプロテクターインナーガード クリア 100枚入り」


どれも MADE IN JAPAN です!!信頼と実績の日本製ですよみなさん。


価格帯はどれも200円前後。

すべてを同じ場所で買ったわけではないので比較できませんが

アンサー社のものは210円、アクラス社のものは190円、やのまん社のものは200円しないぐらいでした。





サイズはすべて64mm×89mm

トレカのサイズは一般的に63mm×88mmなので、これが統一規格となっています。



早速かぶせてみた




IMG_0455.jpg

今回はずっと2重スリーブにしようと思っていた「ロケット団のニャース」に協力してもらいました。

カードの上にある製品のスリーブをかぶせています。


どうでしょうか。



遠目だと透明性の差はわかりませんね。





近くに寄ってみましょう。


IMG_0456.jpg

ピントを真ん中に合わせているため、左が少し鮮明ではありませんが、差は感じられません。






次はサイズです。

すべて64mm×89mmですが……

なんと違いが生じています!!



IMG_0457.jpg

微妙に違います!!

アンサー社<アクラス社<やのまん社

となっています。

アクラス社やのまん社のもはほぼ同じですが、

アンサー社アクラス社のものは大きく違います。
(※大きいといってもmmの単位ですが)


色々とさわってみた感触として

アンサー社のものは上下の余裕がほぼありません。
1mm以下の感触です。

逆に他の2つは1mm以上の余裕があるように感じられます。



入れやすさとしてはアクラス社が一番でした。
他の二つはあんまり差がない感触です。



いよいよダブルスリーブにしてみます。



KMC社のスリーブをかけてみました。

IMG_0458.jpg


近くで比較してみましょう



IMG_0460.jpg


透明性は差が感じられません。



スリーブをかける時、差を感じました!!



外のスリーブをかけやすかったのは

アンサー社>やのまん社>アクラス社

の順です。

アンサー社は他のものよりフィット感があるので、抵抗も少なく入れやすいものでした。

やのまん社は少し抵抗を感じましたね。


問題はアクラス社

めちゃくちゃ入れにくかったです。




横幅は

アクラス社>やのまん社>アンサー社

という感触です。


外側のスリーブもたまに入れにくいものがありますよね?粗悪品とでも言いますか。

最初アクラス社の上にかぶせようとしたものは、それが当たった様子。

最初は入りませんでした。

しかし、同じものをやのまん社で試したところ、何とか入りましたし、アンサー社のものはすんなりと入りました。

恐るべしアンサー社!!



あと、ファイリングしたときに

アクラス社のものは結構ふくれてしまいました。

逆にアンサー社はあんまりふくれませんでした。

横幅が違うので当然かもしれませんが。




考察まとめ




■ アンサー株式会社 「トレカプロテクト ジャストタイプ クリア100枚入」


本当にジャストサイズで二重にするとき抵抗があんまりありません。
また、ふくらみもありません。

ただ、個人の好みが分かれるポイントは、ジャストサイズ過ぎて余裕がないこと。

本当にジャストフィットが好きな人には間違いなくお勧めですが、
少し余裕が欲しい人には抵抗があるかもしれません。


オススメ度
★★★★☆







■ 株式会社アクラス 「トレカスリーブ ジャストサイズ クリア 100枚入」

中用のスリーブがスッとかけられてカードを傷つけにくいと思います。

ただ、その分二重にするときに抵抗が大きくなりますし、ふくらんでしまいます。

オススメ度
★★☆☆☆







■ 株式会社やのまん 「カードプロテクターインナーガード クリア 100枚入り」

良くも悪くもこの中だとすべて真ん中の立ち位置でした。

管理人はジャストフィットが好きなので、アンサー社が好みかな~


オススメ度
★★★☆☆




管理人はジャストフィット派なので上記のようなオススメ度になります。

余裕がある方が好きという人はやのまん社をオススメしますよ。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2014/04/01 16:46 ] テーマ別考察 | TB(0) | CM(6)





ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。