FC2ブログ
          








カードの発行枚数を推測しよう!

基本的にトレーディングカードのプロモ以外のカードは、発行された枚数が不明です。
プロモーションカードは発行枚数が明記されていることがあります。

例えば、タマムシコイキングは、1000名へプレゼントという企画なので、発行枚数が1000枚とわかります。

公式が枚数をアナウンスしているものは相当限られます。
その中でも具体的な数字が明記されているのが「通信進化キャンペーン」シリーズです。
『トレーナーズVol.2』の17ページによると

フーディン 39000枚
ゲンガー 36000枚
カイリキー 29000枚
ゴローニャ 22000枚
オムスター 21000枚

と記載されています。

今回するために使用するデータは

PSAの鑑定済みカードの枚数です。

通信進化キャンペーンで鑑定済みなのは
通信進化

だとわかります。
ポケモンそのものの人気のせいか、ゲンガーの方がフーディンよりも鑑定枚数が多いですが、この際目をつぶります。

フーディン 39000枚 → 鑑定済み166枚  鑑定済みの割合0.42%
ゲンガー 36000枚  → 鑑定済み173枚  鑑定済みの割合0.48% 
カイリキー 29000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.45%
ゴローニャ 22000枚 → 鑑定済み116枚  鑑定済みの割合0.52%
オムスター 21000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.61%

という割合が求められました。

平均値は0.496%

通信進化キャンペーンを参考にすると、全てのカードの内、0.496%が鑑定済みと予想されます。
ちなみに、この数字は鑑定する人が増えれば触れるほどかわってきますので、かなりの振れ幅があるとご理解ください。
また、人気のカードや、枚数がかなり少ないカードにもあまり効果はないと思われます。



ここで、ネオ4のひかるポケモンに限定して話を進めます。

仮定として
全てのひかるポケモンの発行枚数は同じとします。

次に、PSAで鑑定済みのひかるポケモンの鑑定済みの平均値は

101.25枚です。

1枚あたり平均して101.25枚鑑定されているとします。

ここに先ほどの0.496を当てはめてみると

20413

という数字が導き出されます!

ここでの結論として

ひかるポケモンは20000枚程度発行されたのではないか?

と私は予測します!!



この例を試しにネオ1のルギアで試してみたところ

81000枚という結果になったんですがどうでしょう。
妥当性はありますかな。。。

少ないでしょうか。。。

やはり話半分で聞いてください。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/10/13 22:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)





ブログパーツ