FC2ブログ
          








スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カードサプライ品。(海外のサプライ品バージョン)

以前使ったこの画像。
いくつか質問をうけました。

DSC04182.jpg

このカードを外側にあるスリーブのようなものは何かと。

これは、名前が2つ存在します。

・カードセーバー(Card Saver)

・セミリジットホルダー(Semi Rigid Holder)

と言います。
画像の物はウルトラプロ社製です。

cameringo_20181108_172007.jpg

こういった箱に入っています。

日本だとアマゾンやウルトラプロ社の正規代理店のMINT社などで取り扱いがあるようです。

画像の左側はebayで購入しました。

カードを触って管理したり、コレクションしたりする際に重宝します。
スリーブを無色透明にすれば、裏の状態も確認しやすい優れものです。



かわったスリーブもあります。

cameringo_20181117_222749.jpg
これはPSAやBGSといったカード鑑定会社が鑑定したケース用のスリーブです。
Graded Card Sleevesと言います。
経験上、日本では売っていません。

アマゾンに在庫がありますが、海外発送なので2~3週間ほど到着にかかります。

日本でもPSAの支社ができたようなので、今後必要になる方が増えるかもしれません。
ほしい方は、ebayで購入するのが一番安上がりだと思います。

アマゾンのものはぼったくり価格ですから。
なんせ、現地だと200枚で1300円ほどですが、6000円位で売っていますからね。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/11/19 22:22 ] その他 | TB(0) | CM(0)

さあ、次はこれをPSAに送りますよ!!

cameringo_20181115_222139.jpg

ひかるポケモンコレクションの中でも状態がいいものをピックアップ。
PSA9以上が期待できるものを選びました。

PSAを知った日から、いつか送るときがくるのかもしれないと漠然と考えていました、
その日が近づいて参りました。

さて、

お金のことを少し書きます。


鑑定料は1枚20ドルです。

レギュラーサービスと言います。

一枚の価値が$499以下のカードに適応されます。

PSA到着後、15日営業日で鑑定されます。
※現在は混雑しており、それよりも時間がかかります。

送る予定のひかるポケモンは40枚以上あるので、$800??

日本円にして90000円???

と、思うかもしれません。

一度にたくさん送る人向けのサービスがあります。

50枚以上と100枚以上のサービスです。

バルクサービスと言います。

50枚以上だと1枚$10。
100枚以上だと1枚$8で鑑定してくれます。

しかし、弱点があります。
鑑定に65日営業日かかります。約3ヶ月です。

送る日数、戻ってくる日数を考えたら4ヶ月近いかもしれません。

気長に待つサービスです。
これを活用してみようと思っています。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/11/18 22:22 ] PSA関連 | TB(0) | CM(0)

PSAが発行している雑誌「SMR」

こんにちは。

質問に答える形で記事を1つ。


以前掲載した、海外のポケモンカードの価値が表記されている雑誌はなんなのか

という質問をいただきました。

答えはこちらです。

DSC04752.jpg

SMR

スポーツマーケットレポート

という雑誌です。



内容は
DSC04754.jpg

こうなっています。
当然ですが全て英語で私は99%の内容を理解できません。
というか読む気が起きませんw

後半の方に

DSC04753.jpg

こういったプライスガイドが乗っています。
ほとんどがNBAとかMLBの選手カードです。

その一部にポケモンが掲載されています。




で、どこで買えるか

という話なんですが

これ、PSAが発行している雑誌で、日本では買えないと思います。
中古が流れている可能性はあるともいますが、調べていません。

実は私、PSAの有料会員なんです。
アメリカ在住の有料会員はきっと一ヶ月に郵送されてくるんでしょうね。

私は海外会員なので、最初の月だけFedxで郵送されました。
PSAのHPで、有料会員は閲覧できるので、それで見てね
といった扱いです。  このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/11/17 23:02 ] PSA関連 | TB(0) | CM(2)

そろそろ11月

まとめて記事を書く時間がなく、ちょくちょくtwitterにコメントする日々でした。

PSA関連で書きたいことは多々あるんですよ。。。
とりあえずPSAからカードも10月下旬にかえってきまして、実は第二弾を発送したところでした。

PSAに送ると色々とカードに対する見方も変わります。
海外勢の気持ちも結構理解できるようになりました。

そして、なぜ海外勢はあんまり同じカードを大量に集めないかも少し理解できました。

時間があるときに記事にします! このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/10/31 22:29 ] その他 | TB(0) | CM(0)

カードの発行枚数を推測しよう!

基本的にトレーディングカードのプロモ以外のカードは、発行された枚数が不明です。
プロモーションカードは発行枚数が明記されていることがあります。

例えば、タマムシコイキングは、1000名へプレゼントという企画なので、発行枚数が1000枚とわかります。

公式が枚数をアナウンスしているものは相当限られます。
その中でも具体的な数字が明記されているのが「通信進化キャンペーン」シリーズです。
『トレーナーズVol.2』の17ページによると

フーディン 39000枚
ゲンガー 36000枚
カイリキー 29000枚
ゴローニャ 22000枚
オムスター 21000枚

と記載されています。

今回するために使用するデータは

PSAの鑑定済みカードの枚数です。

通信進化キャンペーンで鑑定済みなのは
通信進化

だとわかります。
ポケモンそのものの人気のせいか、ゲンガーの方がフーディンよりも鑑定枚数が多いですが、この際目をつぶります。

フーディン 39000枚 → 鑑定済み166枚  鑑定済みの割合0.42%
ゲンガー 36000枚  → 鑑定済み173枚  鑑定済みの割合0.48% 
カイリキー 29000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.45%
ゴローニャ 22000枚 → 鑑定済み116枚  鑑定済みの割合0.52%
オムスター 21000枚 → 鑑定済み130枚  鑑定済みの割合0.61%

という割合が求められました。

平均値は0.496%

通信進化キャンペーンを参考にすると、全てのカードの内、0.496%が鑑定済みと予想されます。
ちなみに、この数字は鑑定する人が増えれば触れるほどかわってきますので、かなりの振れ幅があるとご理解ください。
また、人気のカードや、枚数がかなり少ないカードにもあまり効果はないと思われます。



ここで、ネオ4のひかるポケモンに限定して話を進めます。

仮定として
全てのひかるポケモンの発行枚数は同じとします。

次に、PSAで鑑定済みのひかるポケモンの鑑定済みの平均値は

101.25枚です。

1枚あたり平均して101.25枚鑑定されているとします。

ここに先ほどの0.496を当てはめてみると

20413

という数字が導き出されます!

ここでの結論として

ひかるポケモンは20000枚程度発行されたのではないか?

と私は予測します!!



この例を試しにネオ1のルギアで試してみたところ

81000枚という結果になったんですがどうでしょう。
妥当性はありますかな。。。

少ないでしょうか。。。

やはり話半分で聞いてください。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/10/13 22:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)





ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。